自己破産が行える条件とは?

自己破産は債務整理の中でも究極の手段だと言えます。
債務整理には任意整理や個人再生といった手段もありますが、これらは現在の債務の減額を求めて行う債務整理の為、基本的にその後も返済を続ける必要はありますが、自己破産は全ての債務の免責を求める手段なので、一切支払いが残ることはありません(債務整理の扉より)。

しかし、全てのケースでこの自己破産が行える訳ではありません。
まず、この自己破産を行うには、30万円を超える価値のある私財、及び同じく30万円を超える預貯金は全て返済に充てる必要があります。家や車を所持している場合、原則的にそれらも売却しなくてはいけません。

そして、自己破産が行えるのは、どう考えても返済不能な債務を背負ってしまった場合だけです。まだ返済していける範囲だと思われた場合、免責が下りることはありません。
この判断の基準として、年収を超える債務を背負った場合が挙げられます。この場合にはまず返済は難しいと判断される為、免責が受けられる可能性が高いと言えます。

ですが、いくら債務を背負っていても、その借金の原因が派手な生活をする為にお金を借りてしまった場合や、株やFX、もしくはギャンブルなどに遣っていた場合は対象外となります。このように、自己破産は大きな債務さえ抱えていれば誰でも行えるというものでもありません。

また、自己破産は一度免責が決定すると、その後7年間は再び行うことはできませんが、これを過ぎてもまず二度目以降は無理だと考えておいてください。債務によってどうにもならなくなってしまった人生を、一度だけリセットする機会を与えられるのが自己破産です。決して二度目があるとは思わないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です