自己破産が行える条件とは?

自己破産は債務整理の中でも究極の手段だと言えます。
債務整理には任意整理や個人再生といった手段もありますが、これらは現在の債務の減額を求めて行う債務整理の為、基本的にその後も返済を続ける必要はありますが、自己破産は全ての債務の免責を求める手段なので、一切支払いが残ることはありません(債務整理の扉より)。

しかし、全てのケースでこの自己破産が行える訳ではありません。
まず、この自己破産を行うには、30万円を超える価値のある私財、及び同じく30万円を超える預貯金は全て返済に充てる必要があります。家や車を所持している場合、原則的にそれらも売却しなくてはいけません。

そして、自己破産が行えるのは、どう考えても返済不能な債務を背負ってしまった場合だけです。まだ返済していける範囲だと思われた場合、免責が下りることはありません。
この判断の基準として、年収を超える債務を背負った場合が挙げられます。この場合にはまず返済は難しいと判断される為、免責が受けられる可能性が高いと言えます。

ですが、いくら債務を背負っていても、その借金の原因が派手な生活をする為にお金を借りてしまった場合や、株やFX、もしくはギャンブルなどに遣っていた場合は対象外となります。このように、自己破産は大きな債務さえ抱えていれば誰でも行えるというものでもありません。

また、自己破産は一度免責が決定すると、その後7年間は再び行うことはできませんが、これを過ぎてもまず二度目以降は無理だと考えておいてください。債務によってどうにもならなくなってしまった人生を、一度だけリセットする機会を与えられるのが自己破産です。決して二度目があるとは思わないことです。

人にお金は死んでも借りたくない

私は借金をしない派です。ローンも組みたくありません。人からお金を借りることは死んでもしない派です。もし、どうしても必要だという時は身内から借りたいと思います。

それもきちんと返せるという算段の上で、です。私がここまで借金に対して断固たる決意を持っているのは理由があります。それは母の影響です。母は父の元へ嫁いできたわけですが、その際父には借金がありました。その借金は数年前に養母と住むための家を建てる際に親戚から借りた物でした。

借金に嫌悪があった母は嫁ぐとすぐにその借金を返済しました。その際に親戚や養母から、あまり良く思われなかったようです。出しゃばりというか、そんな風に映ったようでした。そこから、ずっと事あるごとに揉めるようになりました。養母の事、土地の事、色々なお金に関する問題は三十数年経つ今も解決していません。

話し合いもしましたが、お互い妥協することができず、休戦状態となっています。今後どうなるのか見当も尽きません。そんなこともあり、私は借金に対してネガティブなイメージを持っているのです。仲の良かった親戚といえども、お金が関われば揉めるということです。それは身内でも言えることなのでしょう。そのため、私は人にお金を借りるという行為は死んでもしたくないのです

任意整理に関することについて

任意整理とは自己破産や民事再生のように裁判所を利用すること
なく、借金の返済が厳しい方の代理人(弁護士や司法書士)が貸金業者と交渉し、毎月無理のない金額に分割して返済しやすくするも
のです。
任意整理をする場合には、安定した収入があることが条件となりま
す。貸金業法の改正前の高い上限金利で返済を」していた場合には、それを計算し直して、大きく元金が減る場合もあります。
また、場合によっては、払い過ぎた分が過払い金として戻ってくる
可能性もあります。
任意整理をするメリット
弁護士や司法書士に任意整理を依頼すると、相手方の貸金業者から
の支払いの督促が一旦とまります。
今まで、書面や電話などで繰り返し返済を求められ、気の休まらない日常を送っていた場合、これらの督促から解放されるのですから、気持ちの面でも前向きになり、仕事や家庭生活が充実したものとなるでしょう。
当然ながら、借入金が減額されます。減額される金額は各貸金業者
との交渉次第です。過払い金がある場合、過払い金にも5%の利息
がついて返還される金額が増えています。
これを元金返済にあてることによって、借入金の残高が大幅に減少する場合があります。払い過ぎている場合には、逆に貸金業者から
その分の返還も受けることができます。
また、将来の利息が減額されるので、元本と利息を合わせた月々の
返済額が減額され、返済が容易になります。